踊るように仕事する

Quo Vadisに戻って、私の手帳の基準を振り返る

来年の私の手帳。 これです! 手帳には、こうなりたいというセルフイメージが投影されているように感じます。 来年の私は、こんなイメージ。 では、今まではどうだったのかというと…   私の手帳史 システム手帳も使ってた 「7… もっと読む Quo Vadisに戻って、私の手帳の基準を振り返る

コラム

PRADO美術館展 美は心のご馳走だと思う

三菱一号館美術館で開催中の「PRADO美術館展」鑑賞してきました。 そして、感じたこと。   美は、心のご馳走なんだなあ、ということ 人は、美しいものなしには生きていけない動物だと思っています。 特別のことがなくても、庭… もっと読む PRADO美術館展 美は心のご馳走だと思う

どう?Do?, コラム, 香料

クローゼット用の香りはやっぱりパチョリ

暑さ寒さも彼岸まで。 この時期に季節ものの洋服を入れ替える人も多いことでしょう。 クローゼット問題は、私にとって大きな課題です。 昨年、感銘を受けた書籍のひとつ「フランス人は10着しか服を持たない」に 刺激を受けて衣服の… もっと読む クローゼット用の香りはやっぱりパチョリ

コラム

Macもアンチエイジング? JetDriveを導入したら

JetDriveを導入したら、その効果は歴然でした! 昨年から、Macbook Airのストレージに全く余裕がなくなっていたのです。 そういう状態の人は多いかもしれません。ストレージを確認すると 「その他」がストレージ全… もっと読む Macもアンチエイジング? JetDriveを導入したら

Food&Drink, カオリスト, 花の香り

その後の蝋梅

ホワイトリカーにつけて 蝋梅のお酒を作ろうという試み。 蝋梅は、そのあまりにも芳しい香りに 魅了された日本人が、苦労して 中国から運んできたのだと 聞いたことがあります。   ボトルの中の蝋梅、その後 朝のうちに、花を取… もっと読む その後の蝋梅

Food&Drink, コラム, 花の香り

蠟梅をホワイトリカーに漬けてみました

摘み取った庭の蠟梅。 先日の朝摘み取った花は、少し湿っていました。 夕方花が乾いてからボトルの中に投入。 繊細な蠟梅の花は、アルコールの影響で しぼんで嵩が減るだろうと思っていました。   ボトルの中の蠟梅の花 むしろ、… もっと読む 蠟梅をホワイトリカーに漬けてみました

Kori's Works, 伯楽の家, 花の香り

蠟梅をホワイトリカーに漬けてみよう

里山の家の庭には、3本の蠟梅の木があります。 庭に三角形を描くように蠟梅の木があるので 花の季節は、庭にやさしい香りが漂います。 たくさんある蠟梅の花の利用法を考えてみました。   蠟梅の生薬パワー 蠟梅は、生薬のひとつ… もっと読む 蠟梅をホワイトリカーに漬けてみよう

カオリスト, コラム, 花の香り

水仙と蠟梅と墨

里山の家の蠟梅が咲きました。 かなり大きな木で、花は見上げるような位置で咲いています。 咲いている花に、鼻を近づけて香りを確かめようとするには はしごが必要になってしまいます。 蠟梅の花をすかして見上げる空は冬の冴え冴え… もっと読む 水仙と蠟梅と墨